埼玉里親会

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 事務局からのお知らせ
  4. LGBTQと社会的養護に関するシンポジウム
2018年09月06日

LGBTQと社会的養護に関するシンポジウム

アメリカから7名のユースが来日し、9月17日(月・祝)に、LGBTQと社会的養護に関するシンポジウムを開催します。かれらは、セクシャルマイノリティの当事者として、またアーライとして、施設や里親家庭で育ち、いま、その経験を自国の外で初めて伝えようとしています。
このシンポジウムでは、レインボーフォスターケアの藤めぐみ氏とともに、ユースたちが LGBTQ の社会的養護の当事者の実態をレポートする他、里親を対象としたLGBTQ 教育や、日本とアメリカでのさまざまな取り組みについて講演します。
また今回、ワシントン州の児童保護局の幹部職員としてフォスターケア政策を主に担当している進行役の峰下拓(IFCA 理事長)は、同州のLGBTQユースにかんする新しいプログラムについて解説いたします。
どうぞ皆さま、この貴重なシンポジウムにふるってご参加くださるよう、お願いいたします。

◆以下が、シンポジウムの情報です
特別シンポジウム「アメリカの若者たちと LGBTQ と社会的養護について語り合おう」
9月17日13時開場 13:30~16:00
場所:CROSS COOP 新宿(新宿区新宿4−3−17FORECAST 新宿SOUTH 6階)
参加無料 (会場で、資料をご用意しています。)

◆シンポジスト
◎ 藤めぐみ(一般社団法人レインボーフォスターケア代表)
◎ アリッサ・ニューマン(IFCA 米国ユースチーム・ディレクター)
◎ エリック・ワーナー(IFCA 米国ユースチーム・メンバー)
◎ アリーシア・ティル(IFCA 米国ユースチーム・メンバー)

◆講演とパネルディスカッションの内容
◎ 米国ユースたちにの個人の経験から学ぶ
◎ LGBTQ フォスターユースを助けるには
◎ アメリカのLGBTQ フォスターケアの現状
◎ 養育者のためのLGBTQ 教育
◎ 同性カップルの里親リクルートメント
◎ 米国と日本でのさまざまな取り組み、など

進行役:峰下拓 通訳:大滝涼子

◆会場へのアクセスなど、詳細はこちらのイベントチラシをご覧ください。:イベントチラシ

ご参加は先着順ですので、こちらのリンクから早めにお申込みくださるよう、お願いいたします。お申し込みページ

来日プロジェクトNews Release(詳細情報 pdf)